VIO脱毛以外であれば生理中かどうかは関係ない?

基本的に、生理中はVIO脱毛は受けられません。

 

ですが脱毛サロンによっては、VIO脱毛以外の部位であれば生理中でも施術が受けられます。

 

ただし受けられるとしても、生理中の脱毛は問題点が多いので、受けない方が良い理由を詳しくご説明します。

 

トラブルのリスクが高くなる

 

脱毛するしないに関わらず、生理中は肌の状態が変わるという方も多いのではないでしょうか。

 

生理中というのは女性ホルモンの分泌量が変化します。

 

女性ホルモンのプロゲステロンは、皮脂の分泌を促進しますし、エストロゲンは水分を保持して柔らかくする働きを持っています。

 

このように肌に関わるホルモンの分泌バランスが乱れると、肌質自体が普通の時とは違った状態になります。

 

例えば皮脂の分泌量が増えて吹き出物ができたり、水分保持機能が低下することで乾燥肌になったりします。

 

こういったトラブルが起こりやすいということはバリア機能も正常に働いていません。

 

そのため刺激にも弱くなっているため、脱毛をすると肌トラブルのリスクが高くなるのです。

 

脱毛効果が出にくくなる

 

女性ホルモンは肌質にも関わっていますが、ムダ毛の成長にも関わっています。

 

体毛を濃くするのは男性ホルモンです。

 

しかし、女性ホルモンの分泌バランスが崩れると、男性ホルモンが優位になりムダ毛の成長が促されます。

 

このような変化は脱毛の効果にも影響します。

 

ムダ毛の成長が活発になる生理中に施術を受けても、十分なダメージを与えられません。

 

そのため、普通の状態で脱毛したときより効果が低くなる可能性があるのです。

 

効果が高くても低くても、施術を1回受ければその分は消費されてしまいます。

 

つまり1回分ムダに施術を受けるのと同じことになってしまうので、生理中はVIO脱毛以外の部位も施術を受けないのがベストなのですね。

 

毛周期を守らなくてはいけない、早く完了させたいという思いがあれば、生理中でもVIO脱毛以外であれば施術を受けた方がよいと思う方もいるでしょう。

 

ですが生理による脱毛効果への影響は想像以上に大きいので、できれば予約を変更するのがベストです。

腕脱毛ランキング