夏は腕の毛が濃くなったと感じる理由は?体毛と日差しの関係とは?

冬は特に目立たなかったのに、夏になったらやたらと腕の毛が濃くなったと感じることはないでしょうか。

 

季節によって毛の濃さが変わるはずないという方もいるかもしれませんが、実は体毛と日差しには密接な関係があるのです。

 

ここでは、夏に腕の毛が濃くなる理由と合わせてご説明しましょう。

 

体毛と日差しの関係

 

日差しを浴びると、紫外線から肌を守る働きによってメラノサイトが活性化してメラニン色素が生成されます。

 

このメラニン色素が沈着することで、日焼けという症状が起こるのですね。

 

日差しによって肌が日焼けするのは誰でも知っていることですが、なんと体毛も日焼けをするのです。

 

体毛はもともと白で、成長する過程でメラニン色素を取り込み黒くなります。

 

つまり体毛の元となる毛幹にもメラノサイトが存在しているため、日差しを浴びて活性化することで、メラニン色素の量が増えるのです。

 

メラニン色素が多く取り込まれれば、毛の色もその分黒くなります。

 

そのため、日差しが強くなる夏には体毛が濃くなることがあるのです。

 

夏に腕の毛が濃くなったと感じる理由

 

日焼け止めで紫外線対策をしていれば、日差しで体毛が濃くなることはないかもしれません。

 

しかし濃くなったと感じるのは、日差しのせいだけではなく他にも理由があるのです。

 

  • 肌を露出することでムダ毛への意識が高まる
  • 光の濃淡が濃くなるのでムダ毛が目立つ
  • 暑さによるストレスで男性ホルモンが活性化する
  • 食欲の低下で女性ホルモンの分泌量が減少する

 

もちろん、人によって理由は異なりますし、他に原因があるかもしれません。

 

ですが、夏はこういった理由でムダ毛が濃くなると言われているのは事実です。

 

この中でも特にストレスは、ホルモンの分泌量や働きに影響するため、ムダ毛の濃さにも大きく関係してきます。

 

いずれにしても、自分に当てはまる理由があれば、意識して改善していきましょう。

 

残念ながら、夏に腕の毛が濃くなるのは気のせいではありません。

 

薄着になる季節に腕の毛が目立つ、なんてことならないように、腕の毛は早めに脱毛しておくのがおすすめです。

腕脱毛ランキング