脱毛石鹸で使われている代表的な成分と効果について

自分でムダ毛を処理する方法に一つに、脱毛石鹸を使うというものがあります。

 

薬局などでも手に入る脱毛石鹸ですが、石鹸でどうやってムダ毛処理をするのか疑問に思っている方も多いでしょう。

 

ここでは、手軽に使える脱毛石鹸の代表的な成分や効果をご説明します。

 

脱毛石鹸の主要成分

 

脱毛石鹸に使われる成分はメーカーごとに違います。

 

しかし、ほとんどの商品に使われているのは以下の2つになります。

 

  • ブロメライン
  • チオグリコール酸

 

ブロメラインというのは、パイナップルに含まれている成分で、お肉を柔らかくする働きもあります。

 

なぜお肉が柔らかくなるのかというと、ブロメラインにはたんぱく質を壊す働きがあるからです。

 

ムダ毛もたんぱく質で構成されているので、ブロメラインを使うことで除毛効果が期待できるのですね。

 

チオグリコール酸もたんぱく質を分解する働きがあります。

 

脱毛石鹸には、ムダ毛の成長に関わるたんぱく質を破壊する成分が使われているため、手軽にムダ毛を処理できるのです。

 

脱毛石鹸で脱毛はできない?

 

脱毛石鹸という名前だけ見ると、石鹸を使って脱毛できると思ってしまうかもしれません。

 

しかし、厳密に言うと脱毛石鹸で得られる効果は除毛です。

 

脱毛も除毛も同じ効果というイメージがありますね。

 

ですが、脱毛は毛根からムダ毛を取り除くことです。

 

除毛というのは、毛根からではなく表面に出ているムダ毛を取り除くだけです。

 

確かにブロメラインには毛根のたんぱく質を破壊する働きがあるので、そう言った意味では脱毛とも言えるでしょう。

 

ただ抜き去る脱毛とは違うため、毛根の機能はそのまま働き続けますから、脱毛と同じ効果は得られないのです。

 

また脱毛石鹸は一度で広範囲のムダ毛を処理できるメリットがありますが、肌への負担が大きいというデメリットもあります。

 

ですので敏感肌や乾燥肌、肌トラブルがある方は注意してください。

 

脱毛石鹸は単体で使っても思ったような効果が得られないかもしれません。

 

ただ細いムダ毛や成長途中のムダ毛はスムーズに取り除けるので、他のムダ毛処理のサポートとして使うにはおすすめです。

腕脱毛ランキング